house in nishimikuni [GOOD DESIGN AWARD 受賞][AAP 2016 (アメリカ建築賞2016)銀賞受賞]

西三国の家 house in nishimikuni

木に囲まれた都心の平屋

 大阪市内に建つ、定年後のご夫婦のための住宅。ここではシンプルで明快な豊かさを目指した。
 敷地は周囲に公園やマンションなどがある住宅密集地。そこにあえて平屋の住宅を建てた。必要な部屋だけを残し、必要のないフロアを取り除いて光を入れるようにした結果だ。家全体をコンパクトにして圧縮した建設費は豊かな空間を作るための質のいい材料に振り向けた。
 屋外空間にも気を配っている。庭を、川の流れに見立てて敷地内をS字状に縦断させた。家の中のさまざまな場所から眺めることができ、まるで森の中にいるような奥行きの深さを感じさせる。
 外周はやや閉じた構成だ。木の肌が印象的な外壁がぐるっと周囲を覆って、プライバシーを守る。ところどころにあるスリットから風が通る。中庭も細長い川のようになっているので、上から見下ろしても内部は見えない。中からは庭の緑と壁によって切りとられた空の青が美しいコントラストを作る。街並に調和するシンプルな木箱は面積や利便性で測ることのできない豊かさを内包している。新しい平屋のライフスタイルを提案する住宅だ。

▼詳しいご紹介はコチラ▼
ジャパンアーキテクツ ブログ
 

What are like one-storied houses in the center of urban cities?
The surroundings and privacy matters, or how to use the outer space of the house.

We pursed simplicity and richness the most.

By decreasing the number of the rooms as many as possible, we made it possible to use the other space as rich and spacious materials. Furthermore, take away unnecessary stories,and take in the natural sunshine instead.

This house is designed for a retired couple, proposing a new style of one storied house, which is located in the center of Osaka city.

There is a concern about "eye" from the park and the apartments nearby, or "eye " within the site to the outside buildings. We solved it by proposing to encircle the entire house with wall.

You could see a beautiful color contrast in green from  planting within the site and in blue from the sky.

 We created a s-lined garden across the house, as you could enjoy it anywhere, and it is as if you were in the forest, watching a river(garden) running !
 

This one-storied house, which is surrounded with  lined-up condominiums, has created a new concept of richness,  in the concept of no need to be chained of thoughts that how large the ground space is, or how convenient it is.

 

〈概要〉

敷地面積|169.24㎡
延床面積|91.70㎡
1階床面積:91.70㎡
家族構成|夫婦
所在地|大阪府大阪市淀川区西三国
用途地域|第一種住居地域準防火地域
構造|木造
仕上|外部  外壁:杉板貼(外部用オスモカラーCL塗装)
   内部  床:無垢フローリング材杉貼
       壁:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上
       天井:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上
工事期間|2013年3月〜2013年7月
基本設計・実施設計・現場監理|arbol
実施設計|FLAME
照明計画|maxray 原田祐彦
施工|株式会社 住まい設計工房
外構|荻野寿也景観設計
コーディネート| arbol
撮影|下村康典

site area|169.24㎡
total floor|91.70㎡
first floor|91.70㎡
house member|couple
address|Nishimikuni yodogawa-ku, Osaka-city, Osaka
structure|cederwood
material|outerwall:Galvalume
           Innerfloor:cedar wood
                         wall:Plaster coating
                         top:Plaster coating
period|Feb. 2013- July 2013
basic design & execution management | arbol
detail design|FLAME
builder|Sumaisekkeikoubou Corporation
gardesn|Oginotoshiya landscape
coordinate| arbol
photo|Yasunori Shimomura