はなれ hanare (Guest house)    

 

もてなしの心とゆずで人をつなぐゲストハウス

 徳島県の木頭で働きながらアマチュア・カメラマンとして多くの人に愛された中野健吉さん。病に倒れたが、妻のみね子さんに「したいことをしたらいい」という遺言を残した。みね子さんはそれに従って健吉さんの写真を展示する「ケンズ ギャラリー カフェ」を運営、音楽イベントなども開いている。が、このカフェや、地元の名産である木頭ゆずを目当てに遠方から来てくれるお客さんがいても泊まるところがなく、残念に思っていた。そこで作られたのが、このゲストハウスだ。

 建物は広い敷地を活かしてエントランスから奥に入ったところに配置。間に木で架け橋のようなアプローチを作った。日常から非日常へ、現実から非現実へと渡っていくようなイメージだ。建物周辺には砂利を敷き、その周りは自然のままにして豊かな緑を身近に感じられるようにしている。

 建物自体も周囲の環境に溶け込むよう、高さを抑えた。大屋根の下、壁のない開放的な空間にはたくさんの人が集える。客室になる部分は日本の昔ながらの空間作法に従い、寝室・食事・団らんと多目的に使える居室とした。大屋根の下の空間とつなげてイベントに使うこともできる。建物の一部には地元の木頭杉を、ランプシェードには地場産業の「太布(たふ)織り」の生地を使っている。仕上げも柿渋塗装や炭モルタルなど、自然素材を多用した。枝振りのいいゆず、梅、柿の木は保存し、建て替えにより生じた既存の束石は新しく敷いた砂利と草との境界の見切り石として再生させた。

 みね子さんはここで、地場の食材を使った食事でゲストをもてなしている。みね子さんが「したいことをする」ことで、訪れる人も木頭をもっと楽しめるゲストハウスだ。

 

Guesthouse-connecting people with the hart of hospitality and Japanese citron

Mr. Kenkichi Tanaka, who worked as an amateur photographer in Kito village, Tokushima prefecture, was loved by many people, 

Unfortunately he came down with illness, but left a will to his wife, Mineko san, "Do what you want to do".

She followed it, and now runs "Ken's gallery cafe" where the photos taken by Kenkichi san, are exhibited, music events are held occasionally.

Although some customers visited from a long distance, they came all the way for this cafe, or one of the local specialties, "kito yuzu"(a kind of citrus fruit), there were no place to stay at, and she felt sorry for it.

For that reason, this guesthouse was built.

The house was placed in a little distance from the entrance as the site is large. In between, an entrance approach which looks like a wooden bridge was set.

This is an image of from ordinary life to extraordinary one , from reality world to unrealistic one. Around the building, gravel was put, and its surroundings are left as they are, so that people can feel rich greenery close.

The house itself, its height stays low. in order to match the surroundings. Under the big roof, in this open space with no wall, many people can get together easily.

For about guest rooms, rooms are designed, following Japanese traditional space rules, they can be used for various purposes such as bed room, dining room, and living room.

The rooms can be also used for an event, removing partitions under the big roof.

In a part of the house, the local material, kito cedar is selected, about lamp shades, its cloth is "tafuori", which the local industry creates. For finishing, various natural materials such as persimmon tannin painting, or charcoal mortar were used.

Preserve trees of yuzu, plum, and persimmon which those foliage is in a beautiful state, the existing bundle stones left after rebuilding turns to stone decoration for boundary between newly built gravel and grass.

Mineko san, she entertains her guests with meals, using the local food. By "Do what Mineko san wants to do", visitors would enjoy Kito village, and the guesthouse more.

 

敷地面積|約1800 ㎡
延床面積|61.56 ㎡
1階床面積|61.56 ㎡
クライアント|中野みね子
所在地|徳島県那賀郡那賀町木頭出原字カワシマ
用途地域|都市計画区域外
構造|木造
仕上|外部  外壁:焼杉板貼 下地通気工法
         内部  床:無垢フローリング貼  壁:珪藻土塗  天井:珪藻土塗・針葉樹合板
工事期間|2016年10月〜2017年05月
基本設計・現場監理|arbol
実施設計|arbol + 東谷剛建築設計事務所
施工| 株式会社 アークホーム
外構| planta
構造| 一級建築士事務所ステラジアン
照明| Ljus(リュース)
家具| 飯沼克紀家具製作所
黒皮鉄作家|aizara 
ロゴ| kinetoscape
撮影| 下村康典

 

site area| approx 1800 ㎡
total floor| 61.56 ㎡
first floor| 61.56 ㎡ 
cliant|  Mineko Nakano
address|Kawashima, Kitouizuhara, Naka, Naga-gun, Tokushima, Japan
structure|wood
material|outerwall:burned cedar wood
innerfloor:Wooden Flooring wall:Diatomaceous earth top:Diatomaceous earth
piriod | 2016 October - 2017 May
basic design & execution management | arbol
detail design | arbol + Go higashitani architectural design office
builder | ark home
landscape|  planta
structual design | steradian associates
lighting |  Ljus
furniture|  iinuma katuki Furniture Mfg.
black leather iron|aizara
logo|kinetoscope
photo|  Yashunori Shimomura

 

関連HP

Ken'sギャラリー
https://www.facebook.com/Kens-ギャラリー-468981166533615/

http://www.pref.tokushima.jp/shokuiku/stores/stores/2012051401314/

ぬくいぜんか
http://www.nukuizenka.com

クライアント:中野みね子さん
インタビュー
http://ubusuna-project.com/interview/010108.html

KIITO 公共施設オープン・リノベーション / Public Facility Open Renovation KIITO

総務省が主催した「公共施設オープン・リノベーション マッチングコンペティション」で採択され、実現したプロジェクト。自治体がリノベーションを希望する公共施設の情報を登録、クリエイターが自治体と共同でコンペに応募するというものだった。リノベーションの内容だけでなく、事業内容や運営体制、地域に対してどのように貢献できるか、などについても提案することが求められた。

内部空間の白い楕円のフレームを組み合わせたディスプレイ什器は「繭」をイメージしたもの。「KIITO」がもともと、1927年に輸出生糸の品質検査を行う神戸市生糸検査所として建てられた建物であることを踏まえたデザインだ。“繭”が空間内に点在する様子は日本庭園や枯山水をイメージさせる。「KIITO」が元から持つ床や壁の力強く、荒々しいディテールの中で、繊細なフレームの細いラインが浮遊感と透明感を演出し、作品が鮮明にフォーカスされる。ニュートラルなデザインで、ショップでは気軽に購入できる価格のものから前衛的なもの、熟練の作家による一点ものまで幅広い製品が違和感なく並べられる。ギャラリーも、若手から熟練作家のアート作品まで幅広いジャンルがそれぞれに引き立つように並べられる。

同じく繭をデザインコンセプトにした照明が柔らかい光で空間を照らす。

繭は生命を育むものの象徴だ。繭からとられた糸が美しい生糸や絹織物に生まれ変わるように、神戸港を通じて日本に、そして世界に日本のデザインの美を送り届ける施設となる。

〈施設概要 KIITO〉

名 称 :デザイン・クリエイティブセンター神戸所在地 :651-0082 神戸市中央区小野浜町1-4構 造 :旧館:鉄筋コンクリート造 新館:鉄筋鉄骨コンクリート造 地上4階建
敷地面積:8,601㎡
延床面積:旧館:3,489㎡ 新館:10,290㎡
施工年 :旧館:1927年 新館:1932年
用途|デザインやアートにまつわるゼミ、レクチャー、展示、イベントを開催するほか、貸ホール、貸ギャラリー、貸会議室、クリエイティブラボ(オフィス入居)スペースなど

 

〈概要 リノベーション〉

床面積|606.43㎡
工事種別|リノベーション
工事期間|2016年1月〜2016年3月
設計・施工|arbol 堤 庸策 +TODO 藤田 剛
構造設計|一級建築士事務所ステラジアン 原田 順三
照明計画・製作|ニューライトポタリー 永冨 裕幸
什器・製作|LOOP various metal art 花里 政信
竣工写真ディスプレイ|Archipelago 小菅 庸喜
撮影|下村 康典
クライアント|神戸市
運営|民間会社
プロデュース | KIP Corporation 西田 浩子

 

Public Facility Open Renovation KIITO

our idea was selected by “Public Facility Open Renovation Matching Competition” which was hosted by Ministry of Internal Affairs and Communications and the project was put into practice.

Local authorities registered information of public facilities which they’d like to renovate, and the creators and the local authorities in pairs applied for the competition together.

The competition required the proposition of not only the content of renovation, but the company activities, management structure, how the company contribute the community.

The white oval-line shape combinations of display furniture were inspired by “cocoon”.

“KIITO” was originally founded for inspection center of export raw silk in Kobe in 1927, and the design was based on it. The scenery of “cocoons” which were set in the air randomly on purpose reflects the image of Japanese garden, or dry landscape. ”KIITO” has its strong wild sense atmosphere of floor and wall, so the delicate thin lines of cocoon frames produces a sense of floating on air, and clarity, the more vividly focusing on the work. As the design is neutral, therefore in the shop, reasonable products, avant-garde ones, and one of a kind works by well-experienced designers, various kinds of products are beautifully naturally lined up. Also in the gallery, from young designers to experienced ones, a wide range of art works are exhibited, contrasting its greatness each other.

Simultaneously, lightning that the design concept is also cocoon, illuminates the place with soft light.

Cocoon is a symbol of nurturing life. As threads spun from cocoon turns into raw silk, and silk goods, this facility will keep sending Japanese design beauty through Kobe harbor to Japan, even to the world.

 

(facility details KIITO)

Name: Design And Creative Center Kobe

Location: 1-4 Onohama-chyo Cyuo-ku Kobe city Hyogo 〒651-0082

Structure: Old wing: reinforced concrete structure, New wing: steel-framed reinforced concrete structure, 4-story aboveground floor

Site area: 8,601 ㎡

Total floor area: Old wing: 3,489㎡ New wing: 10,290㎡

Completion year: Old wing: 1927 New wing: 1932

Use purposes: holding seminars, delivering lectures, opening exhibitions, and hosting events regarding design and art, hall rental, gallery rental, conference room rental, open office space etc.

 

(details of renovation)

Floor space: 606.43㎡

Construction type: renovation

Construction period: January 2016 ~ March 2016

Design/Contractor: arbol (Yousaku Tsutsumi) + TODO(Takeshi Fujita)

Structural design: senior registered architect office Steradian (Junzo Harada)

Lightning plan/production: NEW LIGHT POTTERY (Hiroyuki Nagatomi)

Appliance production: LOOP various metal art (Masanobu Hanazato)

Display goods in completion photo: Archipelago (Nobuyuki Kosuge)

Photography: Yasunori Shimomura

Client: Kobe city JAPAN

Management: private company

Produce: KIPcorporation(Hiroko Nishida)

 

http://kiito.jp

house in higasikosa(Renovation)

東古佐の家(兵庫・篠山)
house in higashikosa

通り土間と明暗のリズムがある日本家屋のリノベーション

 兵庫県篠山市、山間の田園風景が広がる自然豊かな地にある、農家だったという伝統的な日本家屋をリノベーション。都心から移住した親子3人が暮らしている。
 どっしりとした建物の外観はほぼもとのまま。趣きがあるとは言いがたいコンクリートブロック塀は解体した。そのほか、必要最低限なもの以外は撤去し、周囲のおおらかな自然との調和をはかりながら造園を計画している。
 内部ではすべてを改修するのではなく、既存の延床面積の半分程度、77平方メートルに手を入れた。玄関を入ると印象的な通り土間が出迎える。この通り土間を中心に、そこを行き来しながら暮らせるようにしている。間取りは家族の距離感や過ごし方を大切にし、それぞれ用途の違う部屋のつながりがスムーズになるよう工夫した。土間と、和室の上階にある収納庫だった部屋は吹き抜けにして開放感を出している。
 年を経て生まれた独特の味わいを保つため、畳や木製の建具などはほぼそのまま残した。窓の位置など、光や風の取り入れ方は変えずに明暗のリズムがある往年の雰囲気を再現している。
 天井と壁には、この地域で採取した土を混ぜた「灰中(はいなか)」という独特の砂漆喰を使った。調湿作用があり、モノクロームだが暖かみのある柔らかい印象を与える。床はリビングとダイニングで段差をつけ、それぞれ異なるフローリング材を張って空間にリズムをつけた。改修した部分には環境に優しい素材を使った、極寒地域向けの断熱材を採用している。
 新旧が出会う部分は雑味が出ないよう、それぞれの空間がすっきりと調和して、全体として違和感がないよう配慮した。造園計画など、周辺環境とのつながりも意識している。
 建物を通じて日本の新旧の時間軸を感じることができる。家族はもちろんゲストもおおらかに迎え入れてくれる住居となるよう、願いをこめた。

Sasayama city in Hyogo prefecture, is located in mountains region where rich natural environment with rural landscape is spreading. Once upon a time, it is said that a farmer family used to live in a traditional Japanese house in this region. After the completion of renovation of this house, the parents and their child, three of them start to live there, moving from the center of city.

The outside exterior appearance remains almost the same as it was before renovation, but the existing concrete masonry walls are dismantled and removed except the minimum required amount, as it is hard to say the wall has a refined look, and the landscape plan was created, harmonizing with the surroundings.

The inside of the house, dirt floor corridors are impressive, so almost all the existing tatami, wooden fittings are left as they are, to feel the change of time passage.

Not every part of the space is changed, but for about the half of floor space, which is 77㎡, the plan was set to be renovated and revived for a new housing life, and regarding how to receive light and wind, so as not to affect the existing atmosphere as much as possible, taking the rhythm of brightness and darkness into consideration.

As to plaster-finish-like ceiling and wall, “Hainaka”, the material which has been traditionally used in this region, is selected, because it has not only effect of humidity adjustment, but warm and soft impression even though it is a single color.
About floor, between living and dining rooms, a difference level is set, and different flooring materials are used, for rhythm of space.
For the thermal insulation of the renovated place, frigid weather model and environmentally friendly materials are used.

The details of space is designed to harmonize with between the existing and renovated places, producing a sense of unity as a whole.

The main concept of this house is, connection with the surroundings, time axis of Japanese oldness and newness through architecture, how close and distant and how to spend life time with family, connection of each room use purpose, and not only family members but also their guests, would be warmly welcomed by this house.

 

〈概要〉
敷地面積|320㎡
延床面積|165.64㎡
1階床面積:118.24 ㎡
2階床面積:47.40 ㎡
用途|住宅
所在地|兵庫県篠山市東古佐
構造|木造 2階建
工事種別|リノベーション

工事期間|2015年4月〜2015年7月
設計|高橋真之( mtds)+堤庸策(arbol)
照明計画|木下 由起子(Ljus)
真鍮照明・金物製作|西本 卓也(千 sen)
キッチンパネル/カウンター製作|荒西 浩人(6 rock)
施工|大西工務店
造園|清野 陽介(planta)
撮影|笹倉洋平
クライアント:小菅 庸喜/絵里奈(Archipelago)
                           家族構成/30代夫婦+子供1人

site area|320.00㎡
total floor|165.64㎡
first floor|118.24㎡
second floor|118.24㎡
house member|couple+1 child
address|Higashikosa, Sasayama-city, Hyogo
period|April. 2015- July 2015
design| mtds+arbol
builder|Ohnishi Corporation
gardesn|planta
photo|Yohei Sasakura

 


 

house in ikoma

生駒の家 house in ikoma

吹き抜けを通じて家族がつながる暖かい家

 土間があって、家族が一体感を感じられる開放的な家。そんな施主の要望に応えて作ったのがこの家だ。
 まず玄関と土間、階段を吹き抜けに。天井の高さは6.7メートル、伸びやかな空間を通してどこにいても互いの気配が伝わってくる。階段の上には土間と同じ幅のガラス窓をつけた。大きな窓から光がたっぷりと入る。吹き抜け自体はコンパクトだけれど、この吹き抜けから風、光、空気が建物全体を巡っていく。
 吹き抜けの開放感を他の場所でも活かすため、2階は天井板をつけずに梁が見えるようにした。その分天井が高くなると同時に、家を支える構造である木の力強さを感じさせ、年を追うごとに味が出るのも楽しめる。
 敷地は生駒山の造成地にあり、冬は寒さが厳しい。防寒対策として土間や階段とリビングの間にポリカーボネートの建具をつけ、リビングに冷気が入ってこないようにした。さらにリビングと土間には床暖房を設置している。キッチンは施主のリクエストで使いやすい業務用のものを採用した。
 外観はシンプルな四角形。屋根が南北方向に流れる切妻屋根にしている。眺めのいい丘の上にちょこんと座って、家族を柔らかく包み込む家だ。

▼詳しいご紹介はコチラ

Double height ceiling space at earth floor connects the entire rooms and the family

The request of the clients was earth floor, and a spacious open place like studio, as they’d like to feel sense of unity as a family.
To meet these needs, entrance, earth floor, and stairs have double height structure, and the ceiling height is set in 6700mm. Furthermore, a glass window is placed above the stair space, and its width is same as earth floor one, so that the sunlight comes in well through that wide open window.  The aim of this design is for wind, natural sunlight, and air to run through the whole area freely and effectively, in this compact house.
Because of this design, some parts of the beams appear, so as to enjoy the strength of wood structure, and its grain change as time goes by.
As this house is located at a developed land of Ikoma mountain, equipment for cold weather is essential. To have a warm living room, polycarbonate material is used at earth floor and stair space.
Floor heating is set at the both earth floor and living floor.
As for kitchen equipment, a specific business use model was selected by the client. The exterior shape is square, and simple. Gable roof is placed through north to south.
The house is on the hill, looking down over the scenery, wrapping the inside family gently and softly.

〈概要〉
敷地面積|132.26㎡
延床面積|85.03㎡
1階床面積:47.41㎡
2階床面積:37.62㎡
家族構成|夫婦+子供1人
所在地|奈良県生駒市
用途地域|第一種低層住居地域・ 22条区域
構造|木造
仕上
外部|外壁:ガルバリウム鋼板
内部|床:無垢フローリング材ナラ貼  
         壁:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上  
         天井:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上
工事期間|2014年6月〜2015年1月
基本設計・実施設計・現場監理|arbol
照明計画|DAIKO
施工|建築工房アクトホームズ
外構|GREEN SPACE
撮影|下村康典
プロデュース|ザウス株式会社

site area | 132.26㎡ totalfloor|85.03㎡
first floor | 47.31㎡  second floor | 37.62㎡
house member | couple + child
address | ikoma-city,Nara JAPAN
structure|wood
material|outerwall:Galvalume
              innerfloor:oak wood wall:EP     top:EP
period| June 2014 - January 2015
builder | kenchikukoubou Act homes
garden | Green Space
photo | Yasunori Shimomura
Produce | Zaus INC

三好パン miyoshi bakery

三好パン miyoshi bakery

経年変化で長年愛される店に

 店主の三好さんにはじめにお聞きした、"素直に「おいしい。」と言える、毎日食べたいパンをつくります。”という言葉。これがこの店のデザインの出発点だった。真面目で真っ直ぐで職人気質な三好さんらしい、伝わりやすいシンプルな言葉だ。
 場所は大阪市都島区にある住宅地の、大型マンションとスーパーの前の角地。間口は広いがあえて大きな窓などはつけず、小ぶりのドアで内部への期待感を持たせる。外壁には波板を使って白く柔らかい表情を持たせた。人の流れを自然に受け止めて、店の中へと導く。
 中に入るとビックテーブルにパンが並ぶ対面販売のショップと、焼き立てのパンがその場で味わえるイートインスペースがある。どちらもシンプルで上質、さりげない細部へのこだわりを随所に散りばめた空間だ。小さい店舗だがショップとイートインスペースとで光の印象や天井高に変化を持たせ、それぞれの印象を変えている。経年変化で特注の真鍮ライトや、「麦の穂」のオブジェ、レザー取手などがパンのように焼けていって、この店とともに育っていく姿が楽しみだ。
 空間にアクセントを添えるスツールとシザーランプはバウハウスの流れを汲むデザイン。ドイツらしい、長い年月を経ても色あせないシンプルで普遍的な造形だ。こんなデザインと同じように「三好パン」が地元の人の日常に溶け込み、長年愛される町のパン屋になることを願っている。


〈お店のコンセプト〉
素直においしく。
シンプルで上質。
まじめでていねいで安全。
こだわりぬいた、
だけど
わかりやすいおいしさで、
素直に「おいしい」から
毎日食べたいパンをつくります。

The owner, Ms.Miyoshi, said at first this word, “I’m going to make “delicious” breads that anyone want to eat daily naturally.”

That word was simple and right to the point, so Miyoshi-like expression as craftsman, straightforward and serious.
The location site is in front of the corner of a large apartment and a supermarket, in one of the residential areas in Miyakojima-ku, Osaka city.
The entrance is wide, but openings are set as little as possible, so that expectations of the inside space would arise spontaneously.
White wave-shaped plates are used in exterior for soft but eye-catching impression, attract walk-by customers, and draw into the store.

The inside space design is simple but high quality, subtle and fine details everywhere.
There is a big table where breads lined up, and customers can buy, and a place where customers can eat freshly baked breads. These two spaces have different impressions of natural light, and ceiling height, allowing each place to have its own space design even in the small store.
Special ordered brass lights and “ear of wheat” of object, a leather handle are used, these items will change its color little by little to brown as time goes by, like when dough is kneaded, and baked. I’m really looking forward to seeing the decoration and the store both will grow together.
Bauhaus/German-style stools, and a scissor lamp used in this house, are the main point of this design.
They are simple and universal, unaffected by fashion in the long term, therefore by itself, I feel like they tell us the importance of its essence. I’d like to pass on these to the next generations.

Wishing this bread store would be loved and cherished by the local customers for many years to come, by melting into their daily lives.

 

〈概要〉
所在地|大阪府大阪市都島区善源寺町1-10-14

構造|木造
仕上|外部  外壁:ガルバリウム鋼板 (中波)
   内部  床:コンクリート
       壁:EP塗装仕上
       天井:EP塗装仕上

工事期間|2014年11月〜2015年2月
設計|arbol 堤庸策 + mtds 高橋真之
施工|タジマ創建株式会社
撮影|下村康典


address|1-10-14 zengenji-cho Miyakojima-ku, Osaka-city, Osaka
structure|wood
material|outerwall:Galvalume
           Innerfloor:concrete
                          wall:EP
                         top:EP
period|November 2011- May 2012

design|arbol+ mtds masayuki takahashi
builder|Tajima Corporation
Photo|Yasunori Shimomura

https://www.facebook.com/miyoshibakery

house in Otori [AAP 2016 (アメリカ建築賞2016)銅賞受賞]

鳳の家 house in otori

光も風も入るシルバーの壁

 大阪府堺市の住宅密集地に建つ木造2階建ての住宅。「プライバシーを確保しつつ、風と光を取りこむ居心地の良い住まい」がここに住むご夫婦の要望だった。またビルトインガレージの設置も優先順位が高かった。
 そこで私たちが出した回答は、シルバーのガルバリウム板で全体を覆うデザインだった。一見閉鎖的だが、窓や駐車スペースの存在感がなく、外からは生活の様子がうかがえない。
 風を通す工夫として外壁の一部、道路側と中庭側の2カ所にガリバリウム板と似た質感や色のスリット板を2枚、互い違いに並べた。視線を遮りつつ、通風を確保している。
 採光については、2つの中庭とドライスペースを少し離して配置し、それぞれに大きな窓を開けた。分散された中庭とドライスペースを通じて、1階にも2階にもたっぷりと光が入る。この心地よくオープンな中庭は各部屋から眺めることができる。
 建て坪約13坪、決して広いとは言えない上に敷地の外周が塀で囲まれている住宅だが、内部ではそんなことを意識させない開放感と広がりを感じさせる。プライバシーもしっかりと守る居住空間だ。

▼詳しいご紹介はコチラ▼
ジャパンアーキテクツ ブログ
 

his is a two-story wooden house in a densely build-up area in Sakai-city, Osaka.
The space theme of this house is that privacy security, and comfortable living space combined with airy and bright room for a married couple. They also have a priority on setting a built in garage.
Our answer to them, it appears monotone at first, but, exclude the existence of the garage door and its parking space, by encircling the whole exterior with silver galvalume.
As for ventilation, we set galvalume plates with the same quality as the main exterior wall of material, color, and shape, in very narrow intervals at two areas of the exterior (road side and courtyard side) to create layers of slit. This enables to shut down people’s looks from the outside and only wind would go through!
As for brightness, we created big open window spaces both in the courtyard and the dry space. Moreover, to make the best use of the sunlight, we planned to set those spaces in a separate distance as one straight beam from the sun would scatter, and embrace the entire house. Thus, you would enjoy the courtyard in each room openly anytime you’d like with brightness.

Combining with these factors, this residential space made it possible to be open and roomy but secure privacy matters at the same time, even though the house was built in as small asabout 43㎡ floor space , with the entire exterior wall encircled!!

 

〈概要〉

敷地面積|64.75㎡
延床面積|86.42㎡
1階床面積:44.21㎡
2階床面積:42.21㎡
家族構成|夫婦
所在地|大阪府堺市鳳
用途地域|第一種住居地域準防火地域
構造|木造
仕上|外部  外壁:ガルバリウム鋼板
   内部  床:無垢フローリング材ミモザ貼
       壁:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上
       天井:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上

工事期間|2013年11月〜2014年4月
基本設計・実施設計・現場監理|arbol
照明計画|maxray 原田祐彦
施工|株式会社 山本安工務店 田近
外構|わをん園
撮影|笹倉洋平
プロデュース|ザウス株式会社

site area|64.75㎡
total floor|86.42㎡
first floor|44.21㎡
second floor|42.21㎡
house member|couple
address|Otori, Sakai-city, Osaka
structure|wood
material|outerwall:Galvalume
           Innerfloor:mimoza wood
                         wall:EP
                         top:EP
Structural Consultants
period|November 2013- April 2013
builder|Yamamotoyasu Corporation
Garden|Waonen
Photo|Yohei Sasakura
produce| Zaus inc

house in nishimikuni [GOOD DESIGN AWARD 受賞][AAP 2016 (アメリカ建築賞2016)銀賞受賞][第61回大阪建築コンクール渡辺節賞奨励賞受賞]

西三国の家 house in nishimikuni

木に囲まれた都心の平屋

 大阪市内に建つ、定年後のご夫婦のための住宅。ここではシンプルで明快な豊かさを目指した。
 敷地は周囲に公園やマンションなどがある住宅密集地。そこにあえて平屋の住宅を建てた。必要な部屋だけを残し、必要のないフロアを取り除いて光を入れるようにした結果だ。家全体をコンパクトにして圧縮した建設費は豊かな空間を作るための質のいい材料に振り向けた。
 屋外空間にも気を配っている。庭を、川の流れに見立てて敷地内をS字状に縦断させた。家の中のさまざまな場所から眺めることができ、まるで森の中にいるような奥行きの深さを感じさせる。
 外周はやや閉じた構成だ。木の肌が印象的な外壁がぐるっと周囲を覆って、プライバシーを守る。ところどころにあるスリットから風が通る。中庭も細長い川のようになっているので、上から見下ろしても内部は見えない。中からは庭の緑と壁によって切りとられた空の青が美しいコントラストを作る。街並に調和するシンプルな木箱は面積や利便性で測ることのできない豊かさを内包している。新しい平屋のライフスタイルを提案する住宅だ。

▼詳しいご紹介はコチラ▼
ジャパンアーキテクツ ブログ
 

What are like one-storied houses in the center of urban cities?
The surroundings and privacy matters, or how to use the outer space of the house.

We pursed simplicity and richness the most.

By decreasing the number of the rooms as many as possible, we made it possible to use the other space as rich and spacious materials. Furthermore, take away unnecessary stories,and take in the natural sunshine instead.

This house is designed for a retired couple, proposing a new style of one storied house, which is located in the center of Osaka city.

There is a concern about "eye" from the park and the apartments nearby, or "eye " within the site to the outside buildings. We solved it by proposing to encircle the entire house with wall.

You could see a beautiful color contrast in green from  planting within the site and in blue from the sky.

 We created a s-lined garden across the house, as you could enjoy it anywhere, and it is as if you were in the forest, watching a river(garden) running !
 

This one-storied house, which is surrounded with  lined-up condominiums, has created a new concept of richness,  in the concept of no need to be chained of thoughts that how large the ground space is, or how convenient it is.

 

〈概要〉

敷地面積|169.24㎡
延床面積|91.70㎡
1階床面積:91.70㎡
家族構成|夫婦
所在地|大阪府大阪市淀川区西三国
用途地域|第一種住居地域準防火地域
構造|木造
仕上|外部  外壁:杉板貼(外部用オスモカラーCL塗装)
   内部  床:無垢フローリング材杉貼
       壁:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上
       天井:漆喰(フェザーフィール)塗装仕上
工事期間|2013年3月〜2013年7月
基本設計・実施設計・現場監理|arbol
実施設計|FLAME
照明計画|maxray 原田祐彦
施工|株式会社 住まい設計工房
外構|荻野寿也景観設計
コーディネート| arbol
撮影|下村康典

site area|169.24㎡
total floor|91.70㎡
first floor|91.70㎡
house member|couple
address|Nishimikuni yodogawa-ku, Osaka-city, Osaka
structure|cederwood
material|outerwall:Galvalume
           Innerfloor:cedar wood
                         wall:Plaster coating
                         top:Plaster coating
period|Feb. 2013- July 2013
basic design & execution management | arbol
detail design|FLAME
builder|Sumaisekkeikoubou Corporation
gardesn|Oginotoshiya landscape
coordinate| arbol
photo|Yasunori Shimomura

FOOD WORKER FUNAKI (Atelier)

FOOD WORKER FUNAKI

シンプルなキッチンとクラフトで食の楽しさを演出する

「"What is tasty?"=美味しさとは?」をコンセプトにしたアトリエキッチン。料理のケータリングやスタジオ・キッチンのレンタルなどを通じて、食の新しい形を提案している。通常は各種ワークショップ、ポップアップストア、料理教室、撮影スタジオなどとして利用されている。
 食を通じて生まれる会話や感覚を共有することを大切にしたい、というのがオーナーシェフの意向だった。そこでダイニングテーブルの周りを厨房が取り囲むようなレイアウトを採用。キッチンとダイニングの距離が近く、友人の家に遊びにきたような感覚が味わえる。「シンプルで温かみのある空間を」というシェフのリクエストにも配慮し、白で統一されたインテリアに木目が美しい木材を組み合わせた。ガラス張りのファサードから外光がたっぷりと入り、開放感のある空間となっている。 
 設計はmtdsの高橋真之とコラボレーション、メインのビックテーブルとラックは「6」の製品を、食器は「居七十七」を採用した。いずれも素材の持ち味を大切に、シンプルな木工家具や器を作っているクラフトマンたちだ。立体的な音空間にこだわって天井からはsonihouseの正十二面体スピーカー「scenery」が吊されている。手のぬくもりを残しつつ自己主張しすぎないデザインで、気持ちのいい居場所を目指した。

“What is tasty?”

Everybody has a different perception of tastiness.
“When”,“Where”, or“What kind of situation”
do you find your meal tasty?
Would you like to share it with someone or prefer to enjoy it yourself?
Add a touch of special happiness in your day on your home table, or maybe at the bench in your favorite park.
Food Worker Funaki is an atelier kitchen and we mainly offer the takeout services.
We’ll always give you various ideas of essence of “eating” through our new style atelier kitchen.

 

〈概要〉

用途|アトリエキッチン
所在地|大阪市福島区福島1-2-35パインブルックリン1F
仕上|内部  床:コンクリート防塵塗装仕上
       壁:EP塗装仕上・
       天井:EP塗装仕上
工事期間|2013年4月〜2013年5月
設計 | arbol堤庸策+mtds高橋真之
グラフィック|mem 前田健治
施工|リアルワークス
撮影|笹倉 洋平


shop|atlier kitchen
address|Pine Brooklyn 1-2-35 fukusima-ku Osaka-city, Osaka
material|outer
           Innerfloor:concrete
                         wall:EP
                         top:EP
Structural Consultants
period|April 2013- May 2013
builder|Realworks
design|arbol+mtds masayuki takahashi
graphics | mem kenji maeda
photo|Yohei Sasakura

HP www.food-worker-funaki.com
MAIL info@food-worker-funaki.com
FB www.Facebook .COM / FOODWORKERFUNAKI
INSTAGRAM https://instagram.com/foodworker_funaki/

日松亭 nisshoutei (Restaurant)

日松亭 nisshoutei

内外を柔らかく区切るガラスのファサード

 大阪下町の商店街で長年、親しまれてきた洋食屋。先代から若夫婦に代替わりするタイミングでリニューアルした。
 店内はカウンターがメインのフルオープンキッチン。奥にテーブルが4席ある。先代へのオマージュを込めて外装のレンガはそのまま残した。ファサードはお客が入りやすいようにほぼ全面がガラスになっているが、シェフやお客が外からの視線を気にせずに食事を楽しめるよう、店名が入った黒い帯を配した。 
 床は外装と同様、先代からの記憶を引き継ぐレンガを使った。ただし外装と貼り方は変えて違いを出している。壁と天井は客席では白を、トイレがある奥のほうは黒を基調にして空間にリズムをつけた。
 オーナーの隣にはいつも奥様がいて、お客との自然な対話を楽しんでいる。家庭的な雰囲気を感じさせる木のカウンターと椅子で、これからも地元に根付いていけるよう営まれている。

〈概要〉

用途|洋食屋
所在地|大阪府大阪市西成区天下茶屋北1-3-24
仕上|内部  床:レンガ貼り
       壁:EP塗装仕上
       天井:EP塗装仕上
工事期間|2012年11月〜2012年12月
設計|arbol堤庸策+mtds高橋真之
グラフィック|mtds高橋真之
施工|リアルワークス
撮影|笹倉洋平


category|resutaurant
address|1-3-24 Tengachaya Nishinari-ku, Osaka-city, Osaka
material|   Innerfloor:Bricks
                         wall:EP
                         top:EP
period|November 2012- December 2012
design|arbol+mtds masayuki takahashi
graphics|mtds masayuki takahashi
builder|REAL WORKS
hoto|Youhei Sasakura

https://www.facebook.com/nissyoutei

house in abeno

阿倍野の家 house in abeno

シンボルツリーのある中庭を囲む家

 敷地面積30坪弱、周囲に隣家が迫る立地で、プライバシーを確保しながら開放感と風と家族の気配を感じられる家に、というのが施主の要望だった。そこで、家の中心であるリビングの北側にあえて中庭を作ることに。中庭に向かって大きな窓を開けたことで、家の中が均一に明るくなる。2階と3階の一部は吹き抜けでつなぎ、トップライトを設けた。このトップライトからの光で日中は照明をつける必要がない。
 中庭はバスルームからも眺められ、ゆったりとした気分で入浴が楽しめる。シンボルツリーは四季によって姿を変える落葉樹。中にいても季節の移り変わりを感じられる。
 家の前面には施主のもうひとつの要望に応えて、並列で2台駐車できる駐車場を設けた。ここで問題になったのは間口が狭いこと。敷地間口は約4.8メートル、建物間口が約3.7メートルしかなく、駐車場を覆う屋根を支えるために柱を立てるのは難しい。そこでキャンチレバー(片持ち梁。梁や屋根などを片側だけで支えるもの)による屋根を設置した。これだけの屋根を支えるには家を鉄筋コンクリート造にする必要があるが、3階建ての建物全部を鉄筋コンクリート造にすると建造費が大幅に上がってしまう。そこで1階と、2階の腰の高さまでを鉄筋コンクリート造に、そこから上は木造とした。コストバランスにも配慮して、使い勝手のいい家に仕上げている。

I was asked to make place where inhabitants can feel space sign of openness, airy and family while ensuring privacy from anywhere. During the daytime, the inhabitants can live without electric lights because of introducing uniform sunlight from the atrium and an opening and a large coutyard on the north side of the living in the center of the house. In addition, people can take bath with view of the cortyard. I set a deciduous tree, by which they can feel a sense of the season in the house.

〈概要〉

敷地面積|89.02㎡
延床面積|101.14㎡
1階床面積:31.48㎡
2階床面積:39.88㎡
3階床面積:29.78㎡
家族構成|夫婦+子供1人
所在地|大阪府大阪市阿倍野区阪南町
用途地域|第一種住居地域準防火地域
構造|1階鉄筋コンクリート造+2階3階木造
仕上|外部  外壁:ガルバリウム鋼板 (角波)
   内部  床:無垢フローリング材杉貼
       壁:EP塗装仕上・クロス貼
       天井:EP塗装仕上
構造設計|満田衛資構造計画研究所
工事期間|2011年11月〜2012年5月
施工|株式会社 徳岡工務店
撮影|下村康典

site area|89.02㎡
total floor|101.14㎡
first floor|31.48㎡
second floor|39.88㎡
third floor|39.88㎡
house member|couple + 2child
address|Hannan-cho, Abeno-ku, Osaka-city, Osaka
structure|first floor:concreat     second & third floor:wood
material|outerwall:Galvalume
           Innerfloor:cedar wood                               wall:Plaster coating
          top:Plaster coating
structure design|Mitsuda Structural Consultants
period|November 2011- May 2012
builder|Tokuoka Corporation
Photo|Yasunori Shimomura

colissimo (renovation gallery) [ JCD DesignAward 2012金賞受賞 ]

colissimo

築70年の木造旧郵便局舎をギャラリー・カフェに

 丹波篠山、立杭焼の窯元が多く集まるエリアに近い「今田(こんだ)」。この地に1943年に建てられた小さな木造2階建ての郵便局舎があった。1990年に新局舎に業務移転してから約20年間、年月とともに朽ちるがままになっていたものだ。ここに新しい光と命を吹き込んだのがギャラリー・カフェ「colissimo」だ。
 場所の記憶を引き継ぐため、リノベーションにあたってはできるだけ手を加えないことにした。白いペンキの剥げた外観や、郵便局時代の面影の残るカウンターや懐かしいマークなどをそのままに残している。
 廃墟同然だった1階住居棟と2階は手を入れる必要があったため、アンティークのドアやスイッチをバランスよく配置した。和と洋、新と旧が交じり合って織りなす「懐かしくて新しい」空間が主張しすぎない静かな世界観を創り出す。あえて残した余白が空間にゆとりをもたらす。ていねいに改修したディティールの積み重ねによって、独特の心地よさが生まれる。
 大量生産・消費されていくものではなく、100年先までも愛され残っていく「もの」や「こと」を届けたい。この場所だからこそ伝わるものを意識して改修した。

Renovation of 70-year-old Wooden Post Office at Sasayama Tamba
We always had a question concerning Japanese living culture that kept repeating “scrap & build” method just in 30 years. He admired the concept of “Sasayama” that an abandoned old good place must be reborn for villagers’ livings and hearts, and their memories had to be passed on to the future. This was the reason he undertook the task of renovation design and management of the site. The building was extremely old, but to keep that old great taste alive, he decided to preserve the exterior which white colored paint came off in places, the office counter which reminded us of the old post office, some of the original designs, and the semi-European architecture style. A couple of the parts, however, had to be repaired. To have a good balance of the mixture of the old and the new styles, he used French style antique doors and switches in substitute for them. That created an innovative serene world. This exclusive work is the combination of preserving the place which gives us comforts for our hearts, and the renovated spaces which create a comfortable place for our livings.

〈概要〉

延床面積|115.61㎡
1階床面積:80.04㎡
2階床面積:35.57㎡
用途|ギャラリー・cafe
所在地|兵庫県篠山市今田町
構造|木造

工事期間|2011年12月〜2012年1月
設計 | 高橋真之(mtds)+堤庸策(arbol)
照明計画|  木下 由起子(Ljus)
施工|VINTECH
撮影|下村康典

total floor|115.61㎡
first floor|31.48㎡
second floor|39.88㎡
shop|gallery・cafe
structure|wood
period|December 2011- Jan. 2012
design | mtds+arbol
builder|VINTECH
Photo|Yasunori Shimomura

house in imamiya

今宮の家 house in Imamiya

端材のストライプが迎える家

 キューブ状の外観が特徴的な家。アプローチのある南面には端材を集めて縦張りにした。樹種や塗料が違うので、ユニークなストライプ模様になっている。端材はサイズがバラバラなため職人の手間はかかるが、その分、面白い立体感を出せる。
 1階はダイニングなどパブリックなスペース、2階は個室などのプライベートゾーンとした。家のほぼ中央に吹き抜けを設け、その下のリビングとダイニングの間をインドアコート(室内に作られた中庭のようなスペース)でつないでいる。吹き抜けの上はトップライトにして、テラスを設けた。このトップライトとテラスから光が1階まで入ってくる。
 内部でのハイライトは施主の要望で作った、コンクリート打ち放しの壁で囲まれたバスルームだ。インドアコートに向かってショーウィンドウのように大きなガラスで仕切られている。外壁のストライプやこのバスルームにはコストをかけたが、その他はローコストで仕上げ、全体の予算を圧縮した。
 極力無駄なスペースをなくして内部を広く使うため、玄関にも工夫した。1階のエントランスデッキの脇に引き戸になった玄関を設けている。いわゆる三和土はなく、エントランスデッキから天井まである大きなガラス窓を通じて、そのままリビングへと入れる。
 個室の壁をオープンにすることで住まいのどこにいても視線が抜け、広がりが感じられる。家族のつながりを大切にしたいという施主の考えを反映させた家だ。

he face, which is made of wood and looks like a dice makes us to feel calmness.
On the south side (we can see this side from the approach to entrance),
I made stripes by using differently colored and sized lumber,which give a unique feelings. The bathroom surrounded by a wall of as-cast concrete is located on the center of the house at the request of the owner. It is separated by a glass window to be seen from the living and dining room like a show window. Neversless it is lavorious works, I could maintain its low price by spending the budget on the owner’s requests efficiently. We can see entrance deck by opening the sliding door at the approach, and led directly to thaliving room. Ididn't make the entrance door because I wanted to make a wide space without wasting small space as much as possible. Because there is a void (a part of the wall of the private room is open, and the second floor of the private space and the first floor of the public space in wellhole style),  I succeeded to make spread view to see everywhere in the house. It is the best
point showing idea of the owner to always cherish his family ties.

〈概要〉

敷地面積|114.01㎡
延床面積|76.39㎡
1階床面積:42.86㎡
2階床面積:33.53㎡
家族構成|夫婦+子供2人
所在地|大阪府箕面市今宮
用途地域|第一種中高層住居専用地域・第3種高度地区
構造|木造
仕上|外部  外壁:杉板貼(防腐・保護塗装)
   内部  床:無垢フローリング材杉・パイン貼
       壁:シナ合板貼
       天井:シナ合板貼
構造設計|ステラジアン建築構造研究所
工事期間|2006年11月〜2007年3月
施工|株式会社 徳岡工務店
撮影|下村康典

site area|114.01㎡
total floor|76.39㎡
first floor|42.86㎡
second floor|33.53㎡
house member|couple + 2child
address|Imamiya, Mino-city, Osaka
structure|wood
material|outerwall:cedar wood
           Innerfloor:cedar wood                     wall:basswood                   top:basswood
structuredesign|STERADIAN ASSOCIATES

period|November 2006- March 2007
builder|Tokuoka Corporation
hoto|Yasunori Shimomura

house in tamatsukuri (Renovation)

 

玉造の家 house in tamatsukuri

ストライプ模様の木で生まれ変わった家

 築約30年、学習塾兼住宅として使われていた3階建ての建物をリノベーションし、専用住宅にしたもの。
 大きめの玄関を入ると1階にガレージ、倉庫、洗面浴室がある。ガレージには施主の趣味であるマウンテンバイクが2台、収納できる。2階はワンルームとしてリビング・ダイニング・キッチンとウォークインクロゼットを配置した。3階には寝室と子供部屋がある。子供部屋は竣工時は一つだが、将来子供が増えた時に間仕切り壁で仕切れるよう、扉を2か所につけた。
 施主はインテリアだけでなく、外観も一新したいと考えていた。そこで2・3階の外壁は樹種やサイズ、色の違う木材を横張りにして仕上げた。これはarbolの別の物件を見て気に入られた施主のリクエストによるものだ。1階部分はガレージのシャッターに合わせて玄関扉を同じ色のガリバリウムとし、統一感を出している。1階の庇と3階バルコニーの庇は同じ厚さのガルバリウムを使い、傾きや庇の出を変えることでアクセントとリズムをつけた。
 改修前の外観はALC(軽量発泡コンクリート)を使った、グレーの無個性なものだったが、改修後のイメージは一変している。自然素材と人工素材の融合ですっきりとしながらインパクトのある住宅になった。

This is a renovated three storied steel construction house, which was a private-tutoring school and a residence before, built about 30 years ago.

On the 1st floor, garage, storage, bathroom, large entrance with a space for two mountain bicycles of the client.

On the 2nd floor, living, dining room, kitchen, walk-in closet on the side of the floor.

These three rooms are set without walls on this floor, but each room is designed to be placed on its suitable area, to the effect that the entire floor looks more spacious.

On the 3rd floor, there are a bed room and a child room. One of them has two doors for partition, in consideration for future children.
The client also had a request for the exterior renovation.
As this house is located at a back street of traditional Japanese shopping street in Osaka city, the width of the road is narrow, therefore the main appearance of the exterior is in diagonal angle.
At the 1st floor part, to create a sense of unity, similar color metallic materials are used, and at the 2nd and 3rd floor parts, various kinds of woods in size and color are set laterally on the existing ALC wall panels, to have a stereoscopic effect. Eaves at 1st and 3rd floor are the same shape of galvalume material. Setting them at zigzag line, it produces a rhythmic exterior.
By harmonizing natural and artificial materials, it enables the house to look simple, brand new, and profound, in this fast-paced changing city.

〈概要〉

敷地面積|47.81㎡
延床面積|79.50㎡
家族構成|夫婦+子供1人
所在地|大阪府大阪市天王寺区玉造
工事種別|リノベーション
構造|鉄骨造3階建
仕上|外部  外壁:ガルバリウム鋼板 (角波)
   内部  床:無垢フローリング材ナラ・アカシア貼
       壁:EP塗装仕上・
       天井:EP塗装仕上
築年数|約30年
工事期間|2010年7月〜2010年8月
施工|株式会社 徳岡工務店
撮影|下村康典

site area|47.81㎡
total floor|79.50㎡
house member|couple + child
address|Tamatsukuri-tennouji-ku, Osaka-city, Osaka

a kind of structure |Renovation
structure|steel construction
material|outerwall:Galvalume
           Innerfloor: oak acaciawood
                         wall:EP
                         top:EP

period|July 2010- Aug2010
builder|Tokuoka Corporation
hoto|Yasunori Shimomura

Furniture

bird house

クリエイターがつくるバードハウス展+世界の作家たち 
主催・会場:クリエイティブネットワーク大阪 メビック扇町
URL:http://www.mebic.com/birdhouse/2013
2013 〈torino-su〉出展

crasuhacotrashbox

「crasuhaco」は、木の質感やぬくもりをダイレクトに感じ られるよう、シンプルで機能的なカタチを追求しています。さらに、細部にまでこだわり抜いた仕上がりは、熟練の家具職人の手によるハンドメイドで、箱全体 から人の手のぬくもりが伝わってきます。木のぬくもりと、職人の手のぬくもり。あなたのそばに「crasuhaco」があるくらしは、上質なふたつの“ぬ くもり”に満ちています。
  ■シナ ■チーク ■オーク

 

shoe box

chest

low table

ゆらゆら sofa

green flame

 

 

Toilet(焼肉店:アランチ)