a_012.jpg
 
 

Q & A

 

ご不明・ご不安な点や、以下にない内容はお気軽にお問い合わせください。
 MAIL : info@arbol-design.com



・ホームページのWORKS以外の規模や用途の相談はできますか?

おかげさまで最近は規模は中、大規模の建築物、エリアは関西圏以外のご相談が増えてきており、用途も店舗、共同住宅、宿泊施設等多岐に渡っています。

プロジェクトに適した経験豊富な外部パートナーとコラボレーションという形をとる事が増えてきております。



・遠方でも対応してもらえますか?

はい、ホームページのWORKSに掲載していない物件もあり、おかげさまで問い合わせ自体は全国、実際進行はしてはいませんが海外からの問い合わせもいただいています。関西圏以外に徳島県、高知県、岐阜県などでも物件を手がけております。打ち合わせは基本的にはお目にかかってとなりますが、軽微な内容などはインターネット(メール、スカイプなど)でも対応し、移動コストの配慮をしています。数ある家づくりの専門家の中から、arbolにご興味いただければ幸甚です。遠方でも喜んでお伺いいたします。



・デザイン性は高くても、住み心地や安全性が気になりますが大丈夫ですか?

arbolは、住環境に十分に配慮した設計を行っています。夏には心地いい風を誘い、冬はぽかぽかと暖かい太陽光を取り込む間取りや窓の位置を考慮。家全体の風の流れ、構造駆体に対しての仕様と気密、断熱をバランスよく検討し、快適で気持ちのよい住まいをつくり、「住み心地」を高めます。

安全性を追求した構造設計を行っています。

法的に簡易計算しか義務づけられていない案件(木造平屋建てなど)でも、基本的に構造計算を入れることで、安心して住まうことができる、「安全性」の高い住まいをつくります。

・「品格法・住宅性能表示制度』の取得は対応してもらえますか?

実例でオファーとしてはございませんが積極的に申し受けます。



・資金計画の相談にのってもらえますか ?

ファイナンシャルプランナー、税理士、公認会計士などの専門家を外部ブレインとして擁しています。

施主さまの状況に合わせた借入先やつなぎ融資、相続など、各専門のプロフェッショナルをご紹介しています。

フラット35、フラット35S、耐震等級などもご相談ください。その他、必要に応じて土地の測量や登記なども、各専門家をご紹介します。



・土地探しから、相談にのってもらえますか?

arbolでは土地探しからご一緒させていただくこともあります。

理想の建物を検討する際、一般的な不動産会社に相談すると、なかなか思いに叶ったバランスのとれた土地を見つけられない場合もあります。

それは、一般的に誰でも容易に想像する面積や間取り、空間構成、配置計画(方角などの先入観)で家を想定し、

それに見合った土地しか探さないという要因もあります。

通常なら見落としてしまう土地でも、建築家の目を通して高い可能性を見出すこともあります。

ご要望の内容によっては、土地・建物のコストバランスの調整からデザインが始まることもあります。



・特殊な土地でも、対応してもらえますか ?

狭小地、鰻の寝床、旗竿地、変形地、傾斜地、海や川、池の近辺。

建物はいろいろな所に実際に建っています。

arbolでは、安心・安全・快適を軸に、特殊な敷地に対しても積極的に取り組んでいます。



・予算はあまり多くないですが、相談にのってもらえますか?  

どんな施主さまも、最初から予算と要望のバランスが取れている方はおられません。

それぞれ個性があり、たくさんの夢をお持ちなので当然のことだと思います。

それらを一つひとつ整理整頓し、工夫していくことが設計事務所の役割の一つだと考えています。

arbolに相談に来られる方の中には、「ハウスメーカーや工務店に行ったが、何か腑に落ちない」という感覚をお持ちの場合もあります。

それは間取り一つでも一般的な考え方で説明され、その先入観のために、施主さま自身で可能性をなくされていることがあります。

ご要望の本質から建築的に検討すると、意外と「そういった考え方があるのか」という発見があり、予算的な面でもいろいろなことが解決していく場合があります。arbolは「高級建材を使用するので、高額な建物になります」というスタンスではありません。

まずはご相談ください。土地からお探しの場合は、土地と建物のバランスを見てご提案いたします。

・設計料はデザインの他、内訳は何ですか?

基本設計:敷地、周辺環境を加味し施主の想いををカタチづくりデザインします。
実施設計:膨れた夢をバリユーエンジニアリングという役目でコストの最適化をはかります。その際に設計料以上のコストが最適化されます。
現場監理:工事が始まってから現場に設計者として監理し何度も足を運びます。 各工程を実施設計よりよくしていくというスタンスで取り組んでいます。

・最低設計料 はありますか?

最低設計料 新築: 350万円(税別)
     リノベーション: 200万円(税別)※内容規模問わず
(リノベーションの場合新築より手間を要するため5~10%割り増しになります。)